医療用ウィッグの用語解説(は行)

は行の用語一覧

ハーフウィッグ

はーふうぃっぐ

フルウィッグから襟足と耳周り部分を除いたハーフタイプのウィッグ。

フルウィッグ

ふるうぃっぐ

帽子のように頭にすっぽり被るタイプのウィッグ。

フルオーダーウィッグ

ふるおーだーうぃっぐ

毛質・スタイル・色・サイズなど、ご自身にあわせて自由にオーダーできるウィッグ(かつら)のことです。

部分かつら(カツラ)

ぶぶんかつら

ボリュームが気になる部分に使える部分用かつら「ヘアピース」。
前髪やトップのボリュームが気になる場合などにお使いいただけます。

ヘアピース

へあぴーす

頭頂部のボリュームを補ったり、白髪をカバーする事ができる部分ウィッグ(かつら)です。

放射線治療

ほうしゃせんちりょう

がん治療には、外科療法(手術)、放射線治療、薬による療法(化学療法、ホルモン療法)などがあります。どの治療法を行うかは、がんが発生した部位や進行程度、患者さまの年齢・体力、他の病があるかどうかなどによって変わります。薬による治療では、効き方の異なる薬を組み合わせて使うこともあります。

訪問

ほうもん

入院中で外出がままならない、体調がすぐれずご来店が難しいという方のために、専門のスタッフが無料でご自宅や病院へご訪問いたします。
スヴェンソンのアドバイザーが豊富なウィッグのサンプルをご用意してお伺いいたします。

医療用ウィッグの用語解説(は行) | 医療用ウィッグ(女性用)のスヴェンソン