抗がん剤治療と脱毛

治療と脱毛~自毛回復の目安

抗がん剤治療では投与開始から約2〜3週間前後で髪の毛が抜け始め、治療を終えると早い方で約1ヵ月、通常は2〜3ヵ月後から髪が生え始めてきます。 ※抗がん剤の種類・体質などで個人差があります
この時、頭髪にどのような変化がおきるのかを確認しておきましょう。

治療と脱毛~自毛回復の目安

※表示されている期間については個人差があります。

なぜ脱毛するのでしょう?

なぜ脱毛するのでしょう?

抗がん剤治療や放射線治療は、がん細胞の増殖を抑える治療法です。成長の早いがん細胞を攻撃するように作られていますが、一部の成長の早い正常な細胞にも影響を与えることがあります。

髪の毛を含め、体毛は毛髪の毛根部にある『毛母細胞(毛を作るもとになる細胞)※図1』の分裂により成長します。毛母細胞は成長するために細胞分裂が活発で、頭髪は全体の90%くらいが特に抗がん剤や放射線の影響を受けやすい成長期のため、治療をはじめると脱毛症状が起きやすいのです。使用する抗がん剤の種類、投与量によって個人差がありますので、主治医の先生に確認しましょう。

★まつ毛・眉毛も脱毛することがあります

脱毛はまず髪の毛が最初に抜けはじめ、その後にまつ毛が抜けることがあります。まつ毛・眉毛は成長サイクルが違うため、頭髪よりも早く(抗がん剤投与終了後約4〜6 ヵ月で)回復します。

監修:国際毛髪科学研究会

脱毛が始まったら気をつけること

  • 自分で抜かない

    イラスト
    脱毛の際にご自身で抜いてしまう方もいらっしゃいますが、毛根が傷つくため頭皮の回復が遅れ、発毛時にくせ毛が生える原因になりえます。絶対、無理に抜かないようにしましょう。抗がん剤の影響による脱毛の後、通常のヘアサイクルに沿って休止期毛の脱毛も起こります。この時も同じように自分で抜かないようにしましょう。
  • 脱毛中でもシャンプーを

    イラスト
    頭皮の皮脂量は顔の2倍以上あります。毛髪がない場合でも頭皮は汗や皮脂で汚れますので、シャンプーをして清潔に保ってください。
  • 育毛剤の使用はひと休み

    イラスト
    抗がん剤治療中、頭皮マッサージや育毛剤の使用は避けてください。血行促進につながることで必要以上に抗がん剤の効き目を強め、頭皮への影響を及ぼしてしまうと考えられています。治療中の正しいケアが、発毛時の大切なポイントとなります。
スヴェンソンでは電話でのご相談、資料のご提供、治療中のお手入れ方法を学べるセミナーの開催など患者さまに必要な情報提供を随時行なっています。お困りのことがありましたら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

〜 化学療法を始める方へ 〜

脱毛中のシャンプー方法や頭皮のお手入れなどを紹介!『脱毛ケアマニュアル』

無料

国際毛髪科学研究会監修。医療関係者の研修にも使用されているガイドです。
※ご家族・ご友人からのお申し込みも承ります。

プレゼント付き

脱毛ケアマニュアルをお申し込みの方に差し上げます。

医療向け帽子の引換券
医療向け帽子の引換券

綿100%のやわらかいルームキャップを差し上げます。脱毛期の必需品です。

脱毛時の髪の毛飛散防止「ヘアキャップ」
脱毛時の髪の毛飛散防止
「ヘアキャップ」

就寝時やお料理の際に便利。抜けた毛が散らばるのをカバーするので安心です。

脱毛ケアマニュアル A4サイズ18ページ

お問い合わせ

0120-59-0480
  • 平 日 10:00〜19:00
  • 土日祝 10:00〜18:00

「ウィッグはいつ用意するの?」「シャンプー方法が分からない!」などの疑問に、頭皮・毛髪の専門資格を持つアドバイザーがお答えしています。

抗がん剤治療と脱毛 | 医療用かつら/カツラ/ウィッグ(女性用)のスヴェンソン